So-net無料ブログ作成
オデカケ/エンゲキ ブログトップ
前の30件 | -

8/1・キャラメルボックス『時をかける少女』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

んんんんんんんん…まなつぅぅぅ\(^O^)/itdk
そういえばドキュメンタリーを観て気にしてなかったのに、
帰宅してパンフを読んだらそこにまなつらしいまなつがいて超嬉しかった。
って、そっちのまなつの話じゃなくて。
前日に観劇予定だったのに終業が見えてきたとこでボーンってなって
延長戦に突入したのでした。
んで、この日にハメ込んで前の用事を早めに切り上げてサンシャインへ。
ふと、窓に映った自分の姿を見て、どこのフェス帰りだよって思ったけど。
そんなわけで、
タイプリープ絡みで同じシーンを何度もやられると飽きる。
アタマ弱めなコなので状況を整理するのもメンドくさいし。
何より、こんな何度もやってる時間でストーリーとかセリフの量がダブった分
トータル的には他のことが入る余地が減るのが勿体ない気が(貧乏性)。
けど、よかった。
オチ、というかネタバラシにかかってからの加速感とかラストとか(T^T)
木村玲衣さまがなかなかの川田裕美度だったし。飛ばしてたし。
池岡亮介ぴーは最初こんながしゃがしゃした声だったかなと思ったし。
近江谷さんの二枚目度がぬほっ!ってなったし。
KZKのドクター姿が妙にツボだったし。
大学チーム男子がなんかこの人たち相変わらずだな~って思ったし。
西川さんかわいかったし。

そして、結局坂口理恵だった。

あと、カーテンコールで紹介された池岡亮介ぴーの方を向いて
拍手してるカイザーが、どんだけ好きなんだって顔してた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」SKE48単独公演にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

よかった~
終盤ぺれぺれ泣いてた(Ω□Ω)

2週間ぶりの名古屋です。
2週間前に栄で買ったリクアワのBlu-ray BOXまだ開封してない。

AKBを舞台にしたマンガの舞台化で、AKBに憧れオーディションを受ける
女の子に想いを寄せる男の子が彼女を助けたいあまり女装して自分も
オーディションを受け二人とも合格してしまいなんやかんやあるお話。
フィクションと史実に近い部分がいい塩梅でなによりちょいちょい泣ける作品。
先に宮澤佐江主演で各チームからメンバーを集めた公演が決まった時に
ヘンに完オリに挑戦するより向いてると思った。
前に広井王子が手掛けたオリジナルをやったけどイマイチだったので。
まー、そこまで前のめりになってたわけじゃなくて気付いたら公演終わってて。
そしたら聞こえてくる噂がかなりよくて。
んで、SKEが単独で演るってことでの今日。
朝10時開演てことでとにかくバタバタと。
結局着席したのは前説寸劇が始まった定刻2~3分前。
始まると、これぐらいの距離でも顔が判らないのか~と視力の低下を実感。
学校のシーンではカツラで男子役のコとかもいたし。
で、やけにマイクがピーピー聴こえるなと生声芝居に馴れてる耳には違和感。
けど一日3回もまわすんだもんなと納得。
そして探り探りで見てる中、ダンスシーンでボールを扱うんだけど初日1発目
だからか、みんな結構手につかなくて。主役の古畑なんかも目立つとこで
ミスったりしてて。そんな中、加藤るみがボールを客席に落とす。
最前列の人が手に持ったまま係のひと取りに来ないな~と思ってたら
舞台上のわちゃわちゃした動線の中で一番タイヘンであろうはずの古畑が
舞台ど真ん中から堂々と「ちょうだい」って合図を送り投げてもらって回収。
もう、なんかその瞬間この芝居は大丈夫だと確信した。
その前の野球のシーンでも全く経験なくてこの動きならすごいなと。
ていうか、今回古畑を選んだ時点で勝負は決まってたんだなと。
結果が予想できるっていうんじゃなくて、結果論で遡った時にそこだなって。
なんというか獅子奮迅?元々歌の中での表現力はあったけど、原作と違うと
いえば違うのかもだけど古畑なりに消化したみのりでシンプルに好きだった。
てか、ほんとにこれ一日3本もやるの?てか、2日で6本連続で?と思うほどの
心身共にエネルギーを使う役だとびびった。素直にすごい。
イメージが違うといえばヒロインの寛子。ダブキャスの、りょうはも宮前もどっちも原作キャラとは明らかに
違うからそこしょぼんポイントかなと思ったけど今日観た方のりょうはは
(今日のAM2時頃にやっとりょうはの回だって知ったんだけど)
やっぱ全然違ったけど、すごくかわいかったし、正直ここまでやるんだって
感心した。ほんと少ない音の伴奏でソロ曲とかドキドキしたけど。
あとメインどころ、岡部愛のちゅり。
貫禄あったけどちゅりの熱さがもうドボドボ溢れてた。
あと、中でステージとして出てくる曲はいつものパフォーマンス+舞台感
みたいのがもうキラッキラしてた。
シチュエーションの伴奏的な曲のチョイスもバッチリで伊達に1000曲
持ってないなと思った。
あとメンバー以外で唯一の出演者の日野陽仁さん。
お名前は存じ上げなかったけどふつーにお顔は拝見したことあって。
先生と戸賀崎支配人とか重要なとこを担って、しかも不馴れなメンバーと舞台、
客席と舞台の間をふんわりと繋いで、技術はあるのに全然押し付けがましく
ないところにシビれた。終盤での笑いやカーテンコールでの拍手にどれだけ
短時間でお客さんに愛されたかが表れてたと思う。
以前、鍛治本カイザー大樹が『ビリヤード・グリーン』に客演した時に
主役を担いながら芸人さんが多い舞台上のバランサーを巧みにこなしてた
ことを思い出した。
あとはなんだ?
ほんとダンスのキレがハンパなかった。
劇中の公演として使われてる曲のフリは変わらないんだけどとにかく
どれもエネルギッシュで「これが俺たちのSKEだ!!」って誇らしかった。
本編ラストの会いたかったなんて今まで何度見てきたかわからないけど、
どの会いたかったよりもよかった。
あとは熊の目を引くパフォーマンスとか神門の島根弁シーンとかちょいちょい
ツボってた。
てか、今回の話って原作のほんとの序盤の序盤だったんだけど…
何プリみたいにする気とかあるのかな?
とにかくとっても大満足だったので既に発売中のAKB版のBD購入は暫し保留。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

AMUSE×PEOPLE PURPLE「ORANGE」2015にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

サンシャインでココイチを食べてる時に何気なく隣に目をやったら、
ちゅりの直筆サインがあってたいそー驚いた、がいです。
初めて下北沢で観てから10年。結構早くて不思議な感じです。
でもざっと思い出しても台風で東京からの新幹線止まってたけど大阪からの
入りだったからトラブルはありつつも観られたり、本多劇場で終演して
立ち上がって振り返ったら宇田さんと当時の音楽担当:ササキオサムさんが
笑顔で握手してたり、書けないこともあったり色々あったな。
先日の旋風計画よろしく、観劇までに二転三転あり(間接的な要因も入れると
四転五転あり)、6.8Kの料金設定に挫けそうになったり、スタオベが出たとか
聞いて怯えたりしつつも無事に当日券で2階に着席。
開演して紗幕が上がると訓練設備がまんまセットになってて上の方で
綱をシャーッ、シャーッってどんどん人が渡ってってわぉw(゜o゜)w
けど、2階からだと結構見切れる。
そんでもって、ちょっと変わったらしいって噂で聞いてたのでどんなかなと
思ったら、先日のTV版の設定が結構落とし込まれてた。
あれはパラレルのつもりでいたんだけど新しい本流だったのね。
でも変えられてて残念だったとこが元通り上演されてたり新たないい場面も。
初演から10年だし、古典にしておく作品ではないし、全然改悪では
ないので大丈夫なんだけど。…ただ、石丸のウェイトが軽くなった気が。
川岡大次郎ももうちょっと見たかったし、何より石原善暢、山根基嗣と歴代の
芝居が大好物だった身としては、……うん。ってちょっとなった。
でもでも音尾さんの小日向の説得力。久しぶりだったし始まるまで感覚
忘れてたけどほんとに文句がない。
あと森下さん、植村さんも。
そしてTV版の時も激しく思ったんだけど七條孝夫さんの凄さ。七條さん拝見したいなー。
これからもずっと続いていく関係でありますように。
そして変わらないのは一人でも多くのひとに観てもらえますように。
先日の受け取ってもらえた実感ははんぱなかった。
NEC_2603.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

旋風計画『HARUKA』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

ども、今出舞の舞台は諦めたけど今日はSZK枠で入ってきた、がいです。
そんなわけで、前から気にはなっていた旋風計画にいい機会で行ってきました。
音楽がかっこよくて、やっぱり有坂さんって思った。
元々、銀旋はすごく好きで、広くてはそこまでは…って感じたったんだけど
とってもおもしかったです。
てか、SZKがーー(笑)
多分ご自身のストーカー気質を活かしたサルマル役で大ハマり( ´ ▽ ` )ノ
ふつーにイヤでしたもん(褒)。
そして笹川さんがかわいかった。すごいよかった。
なんか劇場のサイズ感がハンドブックで見たことある昔の公演みたいで
おぉ~…お、おぉ~…ってなってた。
柿本さんも叫ぶとことか、ぶわってなったし。
そしてラストシーンからの暗転からの明転が満足度高し。
広くては、なんつっても手塚こと毛塚さんがよかった。
ヒジカタ史上、断トツで好き。泣いたし、かこよかたし。
ほんとざっくり分けると細見さんになってほしい。
広くては知ってる役者さん率が格段に低いこともあってどうなるかわからんだ
けど、話がすんなり入ってきた。瞬間瞬間で畑中さんとか岡内さんのゴーストが
よぎったりはしたけど。
おばあちゃんがおばあちゃんに見えないなーとは思ったけど、まぁそれは
それでそういうアンドロイドなんだと思ったら切り替えられたし、キャラ的
には別に不満とかなかったし。
気になったのが皆さんギャグのネタ元が旧くて誰特?って思った。
(両作品ともダメよ~、ダメダメはウケてたけど)
完全な直系でもコピーでもないけど別モノではない感じが面白かったです。
何よりチカラのある話なんだなーと思いました。
何より3200円(前売)でここまで楽しめれば何も言うことないです。

あっ、発電所でコトが済んでおばあちゃんが子どもたちと帰る時にヒジカタに
視線を送るとこ。あれ、キャラメル版でもあったんでしたっけ?すごくよかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

空想組曲番外公演『女王の盲景』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

今年初オデカケは鍛治本カイザーの客演でした。匠さんもサルもBIIも見事に行けなかったとこで
するするっと行けそうなことに。そういえば眠れない羊の時も他は諦めたけど行けたんだっけ…
てか、あの時も今日もそれなりに無理はしてるんだけど。
何度も言うようであれだけどビリヤード・グリーンがほんとに好きだったから、できることなら
客演でも見ておきたいと思うので。客演だと(俺的)相性がよくない方もいるけどカイザーは大丈夫っぽいし。今日も大丈夫だった。
前半のイケメソさんとの絡みとかに較べると後半もっと色々あるとよかったな~とファンとしては
思いますが、呼ばれただけあるな、ってのがまず思った印象。
いい空気出てた、っていうかシンプルに好きだった。
作品としては、あー、眠れない羊のひとなんだなって思った雰囲気とか手法?とかあって、
好きではないけど(嫌いとかつまらないとかじゃなくてね)おもしかった。
この感じで3000円なら出せるなと。この値段なら2回ライヴ行くわとか思う芝居結構あるので。
あとは今日もちょっと意識飛びかけたけど仕事終わりの観劇はきついなと。ライヴもだけど。
あと、ハコがやばそうなとこだなと思ってたら予感的中。
間違えなかったけどほんとに合ってんのかなー的に辿り着いてちょっと心臓に悪いかもと思った。
んー、なんか書き忘れてそうだけど駅に着いたので終わります。
カイザー、2日目おつかれさまでした。そして、ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

劇団PEOPLE PURPLE『Happiness』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

例によって、へろへろだったり、アタマ痛かったりなな、がいです。
今、仕事終わりになんかする余力なんてないってことだな、これ。
体力とかもだけどリミットまでに仕事場を飛び出すためにアレコレするのと
ダメかもしれないプレッシャーへの気疲れがハンパない。
そんな、新宿駅でピーパーでお会いするなんて全く思ってなかったお友達に
お会いし劇場へ。わりとこないだ来た気がしました。
で、感想ですが、好きか嫌いかで言ったら好きなんだけど、突飛な設定も
仕掛けもないお話で。うん、お値段以上感がなかったというか。
金銭的なことじゃなくて。ピーパーって、予想とか期待とかに満足した上に
プラスαで、やられたとか、びっくりしたとか無性に好きだとかあるんだけど
それがなかったなって。
つまんなくはないんだけど。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『眠れない羊』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

カイザーよかった\(^o^)/
だいじょぶだった\(^o^)/

今週に入って、そいえばそろそろだよな?って日程チェキったら、
行ける日が1ステもないっていうあれで一度は諦めかけたんだけど、
カイザーと言えばの『ビリヤード・グリーン』の主演ぶりが忘れられず、
もし、あんなんやられたら悔やんでも悔やみきれんわー、と思ってたとこに
ご本人が、面白い的なことを書いてたのを見て、信用貸し的に行く気に。
予定に半分遅刻してけばイケることが判明し、なんとか今日。
(結局、相変わらずのバタバタでそっちはキャンセったんだけど)
そんなわけで、なんかおいしいカンジの登場だなーと思ったり、
キャラメルイメージの延長上だったりそうじゃなかったりだなーと思ったり、
とにかくアリでした。
そして、捜し物をしてたら危うく開演に間に合わなくなるとこでした。
結果、今回幕があったけど間に合わんかったら帰ろうかとちょっと思いました。
ウエストエンドスタジオ無理~。


私信
前にお名前を出したら「あ~ん、かじにぃ~[黒ハート]」と仰ってました[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

『降りそそぐ百万粒の雨さえも』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

サンシャインん中で結構本気でなでしこジャパン特集のNumberを読み耽ってて、
なんかちゃんとした記事らしい記事をやっと読めた気がして充なかんじで
劇場に向かおうとしたら噴水広場で松山メアリ率いるばんぴーがイベントを
やってまして、とりあえず後半15分ほど見ました。3Fからだったので
顔とかそんな見えませんで…って、ここいらないか。
おもしれかったーヽ(´▽`)/
始まった途端にキャラ立ち度を実感し、続編サイコー感に襲われました。
ワタル2とかサイバーのOVAとか最近でいうとマジすか2が始まった時の高揚感。
わーーってなった。
左東さんと大内さんのポニテの尖り度に俺得感は全くなかった。
三鷹やべかったo(≧▽≦)o 激バカスo(≧▽≦)o
えー?迅助より速いのー?それはアリなのー?と思った。
歴史に沿わせるためにこれと頭でっかち暴走さんなとこで話は収まってたけど
どうにかなるならどうにかなってほしかったなーとは思った。
まー、観後感がよかったのでいいっちゃいいんだけど(わりとバ…単純)。
岡田達也はオイシイようなオイシくないようなオイシイような…。
まー、インチ…胡…そんな感じの空気を感じられたので俺的には満足。
そうそう、こないだ裏御のDVDを観た時にも感じたんだけど、ここんとこの
SKEかぶれのせいで開発されたらしく、土佐訛りに耳が敏感になったっぽい。
む?今甘くなかった?とか思ったりした。
いい年しても人間成長\(^o^)/
沖田さんも相変わらずな人で。
とにかくおもしれかったです。
あ、カーテンコールの刀なんやかんやの笑顔とかは素直にずるいと思いました。
今日、久々に池袋滞在時間が長くてサンシャイン感をちょっと取り戻した。
最近、サンシャインといえばすっかりサンシャイン栄になってたので。
カツオいえばすっかりサザエさんではなくなってるし。
1回しか観ないつもりだったけどもう一回観てもいいなーと思いました。
というか観たいなー。観ない方濃厚だけど。あ、昨日買ったaccess買わなけりゃ
回せたのか。つってもaccessも年イチペースだしな。ま、去年みたいな二人だけ
ならちょっと考えちゃうけど今年はちゃんとバンドみたいだしな。
てか、そもそも昨日チケ取ったのはそれなりの理由があったからだったわ。
とにかく昨夜のカミスンは久しぶりの都さんやメンバー顔をがほんとに
なんともいえなくてなんともいえなかったー(´Д`)

F2010 第27節 町田-北海道にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

リーグ最終戦勝ちました~\(^o^)/☆ヤッホイ
ゴレイロ原に藤井/篠崎/金山/稲田でスタート。2ndは大地/市原/甲斐/滝田。
前半はいくつかの決定機はあったもののどちらかが主導権を握るとかもなく終了。
甲斐さんがゴレイロと1対1になるもシュートを弾かれる場面があったり。
ああいう場面でフェイントとかじゃなく強シュートを選ぶのを見て、
あぁ、やっぱりこのひとは先ずキモチのひとなんだなと思う。
レオは残り2:40強から登場。動き自体はよかったし、後半はプレイ時間増えたけど。
今日の北海道は以前より怖さを感じなかった。ここを取れなきゃ全日本どこ違う
でしょ?と思いつつ後半。
立ち上がりからいいリズムで点が入ったのが大きかった。
いわゆるきれいなファー詰めではないけどユウキが確実に押し込んで先制。
すぐあとにも誰か(コラ)が一旦受けて落としたとこをシノがミドル的に突き刺す。
シノの球スジってなんかこう鋭くてきれい。
気になったのが専ピヴォがいない2ndで前めに入った滝田が無難なただ戻す
パスとが多くてもっと行ってほしかった。
そーしーてー、こっからはファウルがかさみ残り10分台で5ファウルを背負う。
正直、ん~~~???な判定が多かった。それにヘンに審判の波長と合っちゃうと
ファウルって連続でもらっちゃうし。ゴール前でのFKから失点しちゃったし。
転機は北海道がタイムアウトを取ってパワープレイに。
一度出した甲斐さんをすぐに戻し(笑)我慢の時間を迎える中、ゴール前の
ルーズボールに藤井健太が反応。クリア…性のボールを相手ゴールへ。勝負あり。
続いてユウキが最後尾のボールを突っついてさらって独走かーらーのー追加点。
あんな勢いで詰め寄られたらヤダ(笑)。
さらに大地が自陣センターゾーンでのボールを落ち着いて処理。
タッチライン際をドリブルで駆け上がる滝田と相手選手がぶつかり両者が倒れ、
なんと滝田のファウルで第2PKに繋がるという、いや、わかんないからっ!!
そこでファウルなんてする意味わかんないからっ!!つか、かなり不可能っ?!
なーんてピンチな判定もあったりしつつシュートは枠を外れ、結局勝ちました。
そして藤井健太は引退する意味がわからないと思うプレイでした。
そんな、特に去年は信じられないようなプレイを何度も見たラストホームでした。
再来週から全日本選手権(・v・)ノ


町田 5-1 北海道
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「ビリヤード・グリーン」にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

おもしかった~~
鍛治本大樹をたっぷり楽しめました。めっちゃド真ん中の主役やった。
あんまお芝居観る余裕がない昨今なのですがぽっかり行けることになって。
めーたん×カイザーってどんな組み合わせだよ?!って話で。
お二人それぞれのブログは時々読んでて、へー、舞台(客演)やんだー、
って読み流してたんだけど(コラ)、ん?なんか話がクロスし…一緒っ?!!って。
正直言って、お二人とも大好きですが、めーたんだけでもカイザーだけでも
行ってなかったと思う。けど今は観られてよかったとほんと思う。
カイザー、似合ってて、いい役だった。しっかりしてるようでめんどくさいとこ
とか色々カッコよかった。あとやっぱ話の中での笑いは芸人さんより全然だった。
めーたんは正直、もっともっとだと思ったけど、もっともっとできる人だと思うし。
感情がバーンってなるとこは本性というか本領が見えてビクってしたし、
空気が好きなとこもちゃんとあったので機会があればまた見たいな。
でも、ぱぶりっくいめーじとは違うとこで見れてよかった。
おもしかった。ちょいちょいやばかった(T T)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『Blue Sky Red Earth』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

久しぶりに聴いた、そして劇場では初めて聴いた『クローズ・ユア・アイズ』の
ダンスの曲がやばかったー。なんだ、あのギター。あれやばいねー。
そんなわけで町田帰りで中野へ。町田のサイン会が無かったから(うん負けたから)
時間あるわぁーと思ってたら余裕こいてて逆に危ういパターンでした。あるある。
実は1stの時は、ダンスか~、ぢゃぁ、いいや、ってあっさり見送ってたBlue。
今日とかもう端から端までおもしかった。
いつからダンスとか好きになったんだろ?
気が付いたら駅伝とかなんちゃらフィルのニューイヤーなんちゃらみたいのも
苦もなく見られるようになってたし。なんかの器官が開発されてるのかも。
とにかく、去年も感じた大内空間(←ネーミング悪る)がやっぱ心地いいなと。
感触が生温い感じ?退屈だったり不快だったりしない位置に漂ってる感じ?うん。
そして、岡内さんすげーって思った。今更かよってハナシだ。
でも、なんかとっても思ったので終演後にパンフ買った時に思わず
ご本人に直接言っちゃったよね。若干失礼だっていう…
みなさん佳かった。
次回もあって行けそうだったら行きますっ。
あっ、明日は最終日。当日券あるそうです。

■追記
「タダイマ」で終わった時点でもう言うことなんもなかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『The old CLOCK』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

坂口さんすげかったー。
前説に役の出で立ちで出てらした濱谷さんが正直ちょっぴり気持…濃かった(笑)。
初演から演出変わってるとこあった。
坂口さんと宇田さんとことか、坂口さんと森下さんとことかダメだった。
坂口さんとか宇田さんとか森下さんとか好きだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

シンケンジャーショーにいった。 [オデカケ/エンゲキ]

まこぴーと目が合ったーーっ!!☆o(≧∇≦)o☆


…ハイハイ。
そんなわけで朝も早よから某水道橋でシンケンジャーショーでした。
AKB歌劇団以来二度目のGロッソ。お席は前回より大幅前の2列目下手でした。
舞台が低くてちょっと「ん?」と思ったり(後々、使い勝手に気付く)。
やっぱタッパがあって好きやわぁ~と思ったり(後々、使い勝手に気付く)。
で、始まってすぐ目の前に千明(男子)が飛び出して(転がり出して?)きて…
かっこえぇ~!!と思う。千明推しなわけじゃないのに。おかげで、まこぴーの
登場に気付くのに一瞬遅れる。ざけんなよ、千明ィ(八つ当たり甚だしい)。
で、なんだかんだでよかったですよ。
なんだかんだゆーか、かなりよかったです。泣きそうやったし。
殿、きゃー(らぶ)やったし。
上手サイドはあまり見る余裕がなかったのでもう一度観たい気もすれんけど
これにて一件落着かな?ありがとう、シンケンジャー☆
imgCAXVOH5W.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

AKB歌劇団「∞」にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

基本的にね、ライヴとかでもスポーツとかでも三つ引っ掛かり所があったらGOでしょ、
的な決まりごとというか線引きのラインみたいのが自分の中にあって。
今日は「宮澤佐江」「広井王子」「∞」でGOでした。
んでも、二つの要素は押しが弱いというか、そこまでではなかったのですが
こじつけ気味に背中を押す口実で。そんなわけで、ミュージカルが苦手、
というわけではないのですが、ほとんどキたことがないけど行ってきました。

まー、AKBでストレートプレイもなかろうて。今回は選抜メンバーから2人ずつが
主役にキャスティングされての2チーム編成。そりゃーチケットも取りやすくもね。
で、秋元才加&高橋みなみと宮澤佐江&柏木由紀。
平均値的なこと言ったらもう片方かなーとも思ったけど、なんつっても宮澤だったので。
「大声ダイヤモンド」PVの宮澤さん、好きなのです。それなのに「涙サプライズ」で
見た時に同一人物だと気付かなかったりしましたが。とにかくメイキングとか見ると
泣けたりしますし。
そんなこんなで初シアターGロッソ。客席の勾配急っ。わりと好きかも、ここ。
ステージも超タッパあるし。あれ最前列とかで一番上見たら首疲れるよね。
幕が開くとメンバー(出演者)全員でAKBな衣装で「会いたかった」。おー。
やっぱセンター二人は力があるね。実は柏木由紀をちゃんと認識してなかった(オイ)
のですが、始まったらなんとなくちょっと繋がった気がしました(ちょっとかよ)。
んで、本編の1stシーン。いきなり歌(まーね)。ベッドで寝ていたおにゃのこが
体を起こす。柏木さん。てことは…舞台奥から登場したのは…ヅラっ?!!
王子様ルックな銀髪の人でした。あちゃー、あちゃあちゃー。がいさん的に
ガックシでした。えぇ、宮澤さん、男子な役で(即座に反対チームの秋元さんが
とても納得いったり)。まー、見た目は全然悪くなかったですけどね。
でも、お芝居が始まると懸念していたステレオタイプな男役感が…
まー、しょうがないのでしょうけど。でもねでもね、ここまで言っておいてですけど
イヤではなかったんですよ。いいと感じるとこも度々あったし、
唄はふつーによかった。出番もっとあってもよかったんじゃ?
柏木さんもお年頃のおにゃのこ感が出てて(押しの強くないとこがよかった)
唄もやっぱよくてよかった。
でも、ストーリーなかったー(笑)。笑いごとじゃないですけどね。
いや、なかったわけじゃなかったんだけど細~い幹に枝無しみたいな?

毎夜、おにゃのこの夢に現れる謎の少年
 ↓
ある日、おにゃのこの前に現れるその少年
 ↓
やっと逢えたね的な
 ↓
何を言ってるの?的な

以下略的な(書こうと思ったけどやめた)

でも、満足したのですよ、一応。漠然とした観後感よかったし。所詮、それ優先だし。
ほら、細かいことは置いといてもキャラ勝ちな芝居
ってあるじゃないですか?
まー、今回のが細かいかは置いといて(笑)。とにかく演目が変わったらまた
観てもいいな、と思いました。

ラストに半分劇中な歌があるんですけど(宮澤さん不参加)、柏木さんが
他のメンバーとはホントにダンチでキラキラってた。選抜はすげーなと。
で、曲が終わると一人だけ肩で息してた。一曲だけなのに。
あー、こういうことなんだ、と思った。選ばれるってのはこういうことなんだ、と。
んで、カーテンコールはめっちゃハッピーな空気だった。
それだけで充分な気がした。
めでたしめでたし。
千秋楽までがんばってねー。
んで次回もあってほしい。

写真は終演後のお見送りでご本人から手渡していただいた生写真。
……ね?(なんの「ね」?)
あ、ご本人、かわいかったです。
091031_220427_M.jpg


そーだっ、大事なこと書き忘れたっ
このお芝居、「いんふぃにてぃ」じゃなくて「えたーにてぃー」では?思ったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ナナシにいった。 [オデカケ/エンゲキ]

ども、オレオレ(何詐欺?)。
ペトラのブレスレットを失くしたっぽい今日この頃、30-DELUXに行ってきました。
気がつけば今年初のキャラメル以外の観劇でした。
去年、ほんとヒットに恵まれなかったことのダメェジかしらん?と思ったり。
はぁ…カバンの奥底からとか出てくるといいなぁ……あ、ブレスレットね。

そんなナナシ。なんつっても楽しみだったのがアクションクラブとのコラボ。
(コラボって響き、安っちくない?)
そう、『怪傑三太丸』でアクションしてた方々がもっさりですよー。
(今日行ったら俺志士土方の武田さんもご出演なことを知った)
なんつったって、僕僕(何詐欺?)キャラメルの生観以外では抜群に
『TRUTH』初演と『怪傑三太丸』が大好きな人じゃね系でしたでしょ?
泣き度だったらキャラメル全部の中で三太丸っすよ。
なのでねー、楽しみにしてたの~。

開演。


うわーー。
船橋さんで、キャーー!!なる。……ほ…ほんものだ。声も(たりめー)。
で、田尻さん……ん?嶌●さん?(ちょい笑)
でもね、でもねー、感動したんよ。お二人のおられる空気がねー、ピリっとしてて。
もー、すぐに「勝った」と思ったもん。去年には味わえなかった感覚。
結局は、さーてぃーっぽいなー思ったけど、結局楽しかったですもん。
で、序盤の殺陣……うはっ!!すげっ、前田さんすげっ!川原さんすげっ!!すげな、オイ。
前田さんはねー、やっぱ大内さんっぽいと思ったー。好きだなー。
おもしいカンジもあったし。
川原さんは三太丸とは違ったかんじで(そりゃね)。えらく二枚目っぽかったー。
武田さんは顔見たかったー(←今イチ気付かなかったらしい)。
佐野瑞樹は序盤でもうちょっと頑張れ〜思って、途中で、ま、いーか思って、また、もうちょっと頑張れ〜思って、また、ま、いーか思った。
結局はもうちょっと見たいってこと?
水野裕子、アリだった。全然アリだと思った。聞けば初舞台だそうですけど、
初舞台としては充分…とかいうわけではなく、これからどんどん舞台に…
とかいうわけでもなく、ただ、アリだと思いました。
清水さん、タイソンさんは清水さん、タイソンさん。
それ以上でもそれ以下でもない印象。わりと僕は好きっすね。


で、ネタバレな一声(遅っ)







田尻さんと船橋さんの殺陣が見たかったぁ〜〜〜〜!!!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

【バレアリ】君なんちゃら2回目 [オデカケ/エンゲキ]

ネタバレあるけどいいよね?答えは聞いてない!(←何タロス?)




エンディングの曲のイントロのピアノがーーっ!!
もーーっ!!
だめです。とってもキます。なんで?
きっとライヴで聴かないと取っ掛かりがつかめないような気がします。

はい、ネタバレ終了。


サンシャインですね〜。
クリスマスツアーでサンシャインに来るとそれだけでえらい満足です。
夏にリニューアルされたわけですが席に着いた時の充足感は変わらなかったな〜。

お芝居は観るの2回目だから?みなさんがさらに進んだから?
前回観た時より、すーっと入ってきました。




あ、今日の嬉しかったこと。
今年も噴水広場のツリーのとこに●●●●なサンタさんがいたこと♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

最遊記歌劇伝にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

思うところはいくつかあったけど、ナンダカンダ言ってアリだった。
拳銃は左手で扱ってほしかったな~。
二ィ健一は出番少なくて勿体無かったな~、いい味だしてたのにぃ~。
あ、でももし続編やって烏哭やっちゃったらS席取っちゃうかも♪
三蔵は関三蔵を思い起こさせるような喋り方だった。
演出の毛利さんってどっかで観たことあるんだよな~?
きっとあれだよな~?って思ってたらオレノカタワレで見たような
演出があった。
ミュージカルはやっぱあんまニガテだぁ~。でも今までのよりヘーキだった。



今日のお言葉
『お前が生きて変わるものもある』
by 玄奘三蔵
080914_163918_M.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

【バレアリ】ペトラと旅人とロウトカ [オデカケ/エンゲキ]

いけるかどうだか、ほんとにわからんかってんけど、
なんとか行ってまいりました。ピーパーさん。
昨日観たおともだちに訊いたら、おもしかったってゆっとったのが決定打。
で、そのおともだちに、観にいった方がいんじゃない?ってゆったんは
僕ねんけど。そんなこんなで観に行こうとするも、ちょっと手間取ったり
JRから京急への乗り換え改札を2回通ってみたりしながら劇場へ。

とりあえず、ポイチュ助かってよかた〜。(ん?どっかの感想と同じだ)

おもしかったです。(そんだけか?眠いのか?)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『小さき神の、つくりし子ら』にいった [オデカケ/エンゲキ]

僕は残念ながら洋モノの芝居で「ヒット!」と思うものに出逢ったことがありません。
僕は演劇好きな人間ではありません(少なくとも自分ではそういう認識)。
でも、岡田達也は好きだと思った。
(今日もそう思っただけで、基本的に年中好きなのですが)

達也さん、ありがとう。
そして、お誕生日おめでとう。
(タメ口なのは、なんとなく勘弁してやってください)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『ORANGE』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

劇団ピープルパープル humanism theater 
『ORANGE』
2008/01/29(SAT) 15:00 シアターグリーン BIG TREE THEATER
http://people-purple.com/performance/orange2008.html

これからずっと付き合ってくんだろうなと思った。
初めて観てから3年。前回、2006年に神戸で観終わった時、
なんか自分の中で決着(ケリ)がついて、年が明けての東京公演は行かなかったんです。
今回も色々あって今日になって、ちょっと行くのやめとうかとも思ったんだけど
行ってよかった。また、いつか観たい。
石丸も山倉もよかった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『籠釣瓶花街酔醒』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

サニーサイドウォーカー第6回公演
『籠釣瓶花街酔醒』(かごつるべさとのえいざめ)
2007/10/20(SAT) 14:00 新宿シアターブラッツ
http://www.sunnysidewalker.jp/kagotsurube/

★かるくネタバレあり★

簡単に書くと、歌舞伎演目『籠釣瓶花街酔醒』を上演するための稽古中の劇団のお話。
劇中劇的としての『籠釣瓶花街酔醒』の内容と、劇団員が実際に在る境遇がシンクロしてたり。

で、、、、どちらにも(?)引っ掛かるところがなかった。
ただ話?景色?を眺めているだけのような感覚を感じた。
可笑しいとか哀しいとかがあると僕は嬉しいんだなって思いがけず実感した。
好きな役者さんが出てなかったらちょとキツかったかな。
客席が暑かったり、椅子がしっくりこなかったり、混んでて前の方の頭で視界が遮られたりして
集中力が削がれたったのもあるかもしれないけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「シェイクス」にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

30-DELUX The Sevevth Live
「シェイクス」
2007/10/13(SAT) 14:00 東京芸術劇場小ホール2
http://www.30-delux.net/

気が付けば昨年春の「オレノカタワレ」以来、皆勤になってる30-DELUX(ギリギリ♡ボーイズ)。
作品自体もだけど、劇団の雰囲気(空気?)も居心地がいいんだな自分にとって。
もちろんちゃんと今回も楽しかった。恒例(?)の知ってる有名さんゲストは佐野瑞樹&伊藤裕子。
ん~、なんかおもしいトコ突いてんな~とは思ってたけど、実際に観たら予想以上に良かった。
というか、この二人のお芝居の具体的なイメージがなかったので「ほほぉ~」ってかんじ。
特に伊藤さんは好きだな。かわいかった。あ。そういうかわいいじゃなくて、堂に入って
かわいかった。出過ぎず、引き過ぎず、でもちゃんと出てるみたいな。
佐野さんは、なんか声がキツそう?って思った。ハードスケジュールのせい?わからんけど。
後半感じたのは殺陣の印象が他の役者さんと違ったこと。ジャニの人の舞台って映像でも
ちゃんと見たことないけど、芸能ニュースとかで時々見る映像が過ぎった(具体的に言うと
堂本光一なイメージ)。
あ、殺陣と言えば清水順二さん。もう、ほんと好きだな~。でも、アクションとか力の入った
演技とかもカッコいいいんだけど、同じくらいふつうのテンションの「素?」って芝居大好き♪
タイソンさんもな~。タイソンさんだな~^^


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『crystal EVE』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

劇団ピープルパープル
『crystal EVE』
2007/09/24 15:00 六行会ホール

んー、よかったです。やっぱSFなピーパー好きです。 何がいいって衣装がいい。
さて、相変わらず鎌田亜由美さんが好きでした。SOPHIAの人っぽかった。
すげーカッコよくキャラとしてました。なんか30-DELUX『オレノカタワレ』の風祭ジョーが
思い浮かびました。キャラ立ち大好き♪
今回、今まで以上に濱谷さんの声がツボでした。誰かに似てる…
あとは宇田さんは言わずもがなやし、『ENDLSS TRIP』で気になってた山根さんも
見られたし(←劇場行くまで知らなかった)。
うん、好きですわ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「BLUE」にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

30-DELUX The Sixth Live
「BLUE」
2007/03/18(SUN) 14:00 シアターサンモール
http://www.30-delux.net/blue/kouen.html

ネタバレ御免!

イッチー大きくなった?最初の登場のシーンは、たった綺麗で、妖しくて、、白かった^^
前に見たときも存外に大きいとは思ったけど、2パターン目(メイン)の衣装で出てきてからは
事あるごとに「おーきーなー」って思ってた。笑顔は相変わらずでマジ顔もマジ凄かった。
ちょっと時間は遡って開演前、客席に入ると、いいかんじの曲が流れてました。あ、音楽を
担当して出演もする高橋知秀さんの曲だな(この時点では名前は覚えてない)って思った。
そして、開演。…高橋さんの弾き語りから始まりました。どーすんだろーと思ったら、ぶわぁぁっと
人が出てきて、どばぁぁっと殺陣。そこいらじゅう人だらけでドコ見ていいのかわかんない。
で、その間、高橋さんはずっと唄ってる。生BGM。舞台後方の台に移動したりして。その後も
時々登場しちゃぁ珍妙な歌を唄ったり、ボケたりして去っていきました。気にな~る存在でした。
ココナッツ娘。のアヤカ(呼び捨てかよ)、かわいかった。思ってたよりかわいかった。
正直やられた。確かに芝居的にもうちょっとやってほしいって思ったところもあるけど、かわいいの
だって才能だ(何直りだよ?)。ちゃんと役として生きられたから問題ナシ。うん。
耳馴染みはあるけど、生は初の長沢さん、やっぱ声がすごいね~。マジ笑ってたのがウケた。
全然知らないのに凄く上手で存在感のある方がいて誰なんだろう?としばらく気になってたら
稲田徹さんでした。…全然気付かなかった。気付いてからは、うわー、うわわーって^^
佐藤さん、清水さん、大屋さんはもちろんよかった。達也さん&石原さんの出演をきっかけに
観に行ったのにそれ以来ナンダカンダ、ギリギリ♡ボーイズ皆勤賞だし。合ってんだろな。
あ、ヒットしなかったのもあったんだった…
でも、すっかり清水順二さんは好きな俳優さんのひとりだ。

にしても、サンモールって、ちょっとニガテかも。
毎回、劇場への道中「アレ?この道でいんだよな?」って思うのです。

【追記】
市川さんはOPの壇ノ浦の合戦のシーンにも出ていたのでメインの衣装は3パターン目でした。
そんな広くないのに殺陣でみんな入り乱れてて、確認できてませんでした。

シアターサンモール


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『ORANGE』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

PEOPLE PURPLE PRESENTS HEART BEAT THEATER 2006
『ORAGNE』
2006/12/09(SAT) 18:30 新神戸オリエンタル劇場
http://people-purple.com/performance/orange2006_2.html

よかった−。前に観た時よりもよかった−。
前よりピーパーさんとか役者さんに対する思い入れが強くなってるのを差し引いても
絶対更によくなってると思う。大幅な変更がそんなになかった分、余計にそう感じた。
オリエンタル広い。セットが目に入ったときに思った。走る芝居には◎です。
石原さんとか好き。
泣いたなー。また泣いたなー。そりゃ泣くよなー。
カーテンコールの最後で宇田さんと石原さんが握手したのが堪らなかった。
音楽は前回ちょっと気になったけど今回は幾分慣れちゃったりしてた。
前説、休憩含めて2時間50分ほどだけど存分に楽しめました。
好きな作品の再演がこんなに嬉しいもんだと初めて知りましたd

阪神・淡路大震災にも関わるお話です。是非。

新神戸オリエンタル劇場


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「池袋大図鑑」にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

30-DELUX presents ギリギリ♡ボーイズ Special Live
「池袋大図鑑~笑える男達」
2006/10/21(SAT) 19:00 シアターグリーン BASE THEATER
http://www.30-delux.net/

ふつーにおもしかった。
でも、思ったほどは笑わなかった。笑いを前面に出してるのに、『オレノカタワレ』や『NiCE!』の
時のが心底笑えた。なんでかな?やっぱショートなストーリーを連ねるよりも一つのお話のが
キャラに色々移入できたりして瞬発力や愛着が出んのかも。

余談 今日は久々に眼鏡でオデカケ。

シアターグリーン


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『The old CLOCK』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

PEOPLE PURPLE presents HEART BEAT THEATER 2006 BEAT2
『The old CLOCK』
2006/09/24(SUN) 17:00 東京芸術劇場 小ホール1
http://people-purple.com/

というわけで、残念ながら全カバを途中で切り上げて池袋へ。
駅で遅めの昼食をとってたら、知らぬ間に開場時間が迫ってる。急いで食べて歩いて会場近くでメールをちぇきったら(電池がぴんちだったので電源落としてた)、昨日の『極楽~』に折り込まれてたピーパーの200枚に1枚のご招待チラシを引き当てやがった(うやらましいのか?)おともだちから「げきじょうにひとりでこれて、ちけっとも、うけとれた」的なメールが入ってて、いたくびっくりして、芸劇上のエスカレーターから褒めメールを返信(そのコ幾つだ?)。で、エスカレーターを降りると、入り口で四季さんが案内してくださいました。時間が迫ってたので、あとでちゃんとご挨拶しようと思ったのですが、終演後はお見かけできませんでした。ですので、四季さんおつかれさまでした、ありがとうございました。次回はちゃんと。

でねでね、ぴーぱーすきっっ。
今回は誰でも知ってる曲、「大きな古時計」に出てくる(というか主役の)おじいさんのお話。
もー、もーー、も(牛かよ)素敵です。この舞台を世界古時計協会に申請してオフィシャル物語に
してもらってください。ピーパーはいつもテーマをピーパー色に染め上げて、しかもちゃんと誰にでもわかるようになってる所がとっても好きです。
宇田さんの声が好き。誰かに似てる気がする。それに+αなカンジ。
リッチやスティーブンを看取ったあとの坂口さんの表情がものすごかった。
妖精たちも芝居が進むにつれて違和感がなくなってきた。
宇田さんのドツキに本場を感じた^^
みんないいなぁ。『ENDLESS TRIP』を観たときもそうだったんだけど「あれ?前回何の役?」って
感じになる。ちゃんと毎回それぞれの役になってる。絶対、衣装が独特ってだけじゃない。
ほんと、すき。これからもお世話になります。
宇田さん、森下さん、鎌田さんは抜群に好きです。あと石原さんも(笑)。
以前、「好きな劇団が増えて嬉しいです」ってピーパーを観るきっかけを作ってくれた筒井さんに
話したことを思い出したりして、ほんとその通りだなーって実感してました。

劇中でパッヘルベルのカノンが出てきたときはマジびっくりした。ついこないだインプロで(というか
出鱈目に)ピアノを叩いていたら、とっても幸せで、なんかカノンのオケ(コード進行)でこれを
やりてーなーって、強く湧いたの。で、譜面を明日あたり引っ張り出そうと思ってたとこでした。
がいブームのかなり上位で、とってもタイムリーさんだったのでした。
終演後、客席でアンケートを書いてたら、蓮森さんが舞台でピアノを弾き始め、ロビーから拍手が
聴こえ、妖精たち(役の役者さん)が辻楽師よろしく、劇中での生演奏を披露(ロビーでね)。
横にいた友人に「アコーディオン、代わってほしー」とか言ってたのが僕です。

そーいや、『ENDLESS TRIP』のDVDが売り切れてた(/;_;)/
これは、やっぱし12月に神戸へおいでなさいってことなのね?

東京芸術劇場


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「NiCE!」にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

TMP(TOKYO MEETS PROJECT) Vol.2
“「NiCE!」 ~ほんの大失敗を君の胸ぐらに捧げます~”
2006/09/16(SAT) 19:00 恵比寿・エコー劇場
http://www.tmp.vc/index.htm

NiCE!でした~(*^-')b
市川くん(元ヒカル先生=マジシャイン)、たったかわいかった~。
TVだと、もっとシュっとしてる気がして、随分印象が違う気がした。絶えずニコニコしとって、
仔犬とかっぽくて、声も思いの外、高くて◎でした~。いっぱいツッコんどった^^
ツッコミの人でした。ま、周りにボケしかいないので。
山内さん(元リン=ルナジェル)、たったかわいかった~。
…惚レタカモ。なんか、その場その場の空気に対応してて、清水さんとやりあってる場面なんかも
おもしかった~。19歳なんやって~。へ−。
伊藤さん(元センちゃん=マジグリーン)、美形さんやった…カオはね。
芝居の上ではクセ者だった。やたらウケてたな~。終始見せとった笑顔が夷腕坊そっくしやった。
清水さん…清水さん……嗚呼、どうしてアナタは…
唄ってました。登場でいきなり。「花」(ORANGE RANGE)を。唄えてないかんじで^^
を。参りました。今回も僕は完敗です。ボロ負けです。ボロ雑巾です。えぇ、大好きです。
佐藤仁志さんは飛び道具的だったり、細かく何役もこなしたりと、ひょこひょこ顔を出しながら
縁の下で支えてる感が強かったな~。

とにかく、たくさん笑いました。ダンスもアクションも好みでした。
勢いって大事ね。
何が何でもストーリー重視という方以外はオススメです。

恵比寿・エコー劇場


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『スウィート・チャリティ』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

Broadway Musical
『スウィート・チャリティ』
2006/09/14(THU) 14:00 ル テアトル銀座
http://www.sweetcharity.jp/

知らない玉置成実がいた。
当初(いつよ?)、見送りリストに入ってたのです、この作品。
主演:玉置成実×演出・振付:川崎悦子に「ほぅっ」とは、なったんですけど
あんま、洋モノで心底グっときたことってないんです。
あんま、別にミュージカルを観たいって思ったこともないんです。でも、

この夏に玉置成実のライヴを観た(よかった)。
 ↓
この夏に川崎先生のダンスを観た(雨夢。よかった)。
 ↓
面白いらしい(最近聞きつけた)。
 ↓
平日はチケット料金が1,000円引きらしい(最近聞きつけた)。

を経たりしながら、行こか?行こまいか?を繰り返しながら、結局行ってきてまいました。
あんま、音楽はビビっとこんだけど、ダンスよかった。
タマナミも、なんかシンプル?プレーン?な演技な印象で、全く知らなんだら、こっちの世界の
若手さんなんやな~って思ったと思う。普段の歌手・玉置成実が消えてて好感持てた。
うん、素人が思い浮かべるミュージカルっぽいミュージカルで、それなりに楽しめました。
でもな~、A席7,500円…。カードも使えんだしな。ちと痛い。でも生バンとか使ってるしなぁ。

ル テアトル銀座


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

『コルトガバメンツ』にいった。 [オデカケ/エンゲキ]

東京ハートブレイカーズ Air 4th
『コルトガバメンツ』
2006/06/17(SAT) 19:30 中野 ザ・ポケット

達也さんキモーい。きらーい(笑)。でも、どネイティヴではないだけまだマシだった。

隅々までいちいち笑える舞台でした。なんか男子臭全開なカンジが郷愁を通り越してちょっと目を背けたくなった。メインの舞台であるあの場所、ああいうトコ僕はいい思い出がありませんね。振り返ると無駄な時間過ごしちまった感味わうことが多かった気がする。女子の方々はああいうノリってあるのでしょうか?首藤さんも平野さんもだっちさんもよかった。アリ。リアルすぎてふつーに
ああいいう人だと思ってまいそう。おもしかった。

中野ザ・ポケット


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の30件 | - オデカケ/エンゲキ ブログトップ
メッセージを送る